マンゴーの旬、収穫時期、出荷時期など

国内産のマンゴーの旬は、おもに春から夏にかけてです。主な産地は、沖縄県、宮崎県、鹿児島県、熊本県になります。中でも特に沖縄県と宮崎県のマンゴーが有名です。

輸入されることの多いマンゴーは、メキシコやフィリピン、タイ、台湾などのマンゴーがあります。

[沖縄マンゴーの旬、収穫時期]
・6月中旬~8月中旬

[宮崎マンゴーの旬、収穫時期]
・4月中旬~7月
・ピークはだいたい6月頃

沖縄県や宮崎県、鹿児島県などで栽培されているマンゴーのほとんどは、「アップルマンゴー」という種類です。アーウィン種のマンゴーで、出荷時期は6月~7月頃になります。皮がリンゴのように赤いのが特徴です。

宮崎県の独自ブランドで、贈答用としても人気が高いのが「太陽のタマゴ」です。アーウィン種の中でも、糖度が高く、色や形も良く、宮崎県ブランド認定基準を満たしたマンゴーが選ばれます。出荷時期は、6月~7月頃になります。

完熟しても赤くならない「キーツマンゴー」は、主に沖縄県で栽培されています。完熟しても緑色のままのマンゴーです。生産量は他の品種に比べて少なく、出荷時期は8月~9月頃になります。

[おすすめのマンゴー通販サイト]
完熟マンゴー通販
オキモール
マンゴー楽園

カテゴリー: マンゴー, 旬・収穫時期   タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。